top of page
  • 執筆者の写真Terunori Takamori

『最高の戦略教科書 孫子』


最高の戦略教科書 孫子

こんにちは、テルです。


「木」と「本」の形が似ている。と言うただそれだけの理由で毎週木曜に、自分が読み終えた本を題材にしたデザインをアップする。という継続できるか些か不安な目標を設定してみた(Instagramにて)


記念すべく1作品目は『最高の戦略教科書 孫子』


「孫子」は紀元前5世紀に孫武によって書かれたとされる兵法の古典です。

簡潔ながらも深い洞察に満ちた13章からなるこの文献は、軍事戦略だけでなく、ビジネスや日常生活における戦略的思考にも応用されています。


最も有名な言葉「敵を知り己を知れば百戦危うからず」は、情報の重要性と自己認識の力を教えてくれます。この教えは、競争が激しい現代社会において、私たちが目標を達成する上で必要不可欠な戦略と言えるでしょう。


「孫子」は戦いの勝敗を決する戦術だけでなく、戦争を避ける智恵も説いています。これは争いを回避し、和解を促進することの価値を認識させてくれます。


この古典は、千年以上もの間、多くのリーダーたちに影響を与えてきました。

今日もどこかで沢山のリーダーが読んでいるのではないでしょうか。


もしあなたが戦略的思考を磨きたいなら、「孫子」は読む価値のある一冊です。

短いながらも、その深いメッセージには、何度も読み返すほどの価値があります。

僕自身、定期的に読み返して脳みそに刷り込ませていこう。

と考えています。


それでは、また!

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page